t_room

2011年度

対外発表

ローカル・ラグ制御機能を持つ音響サーバを用いた遠隔合奏の評価
会議名情報処理学会研究報告
日時場所2012/2/16,福岡大学
著者前田佳奈, 竹森幸輝, 岩原正典, 片桐滋, 大崎美穂
出典情報処理学会研究報告
単眼カメラを搭載したラジコンヘリコプターを用いた全周パノラマ画像の生成
会議名電子情報通信学会 信号技報
日時場所2012/2/20,北海道大学
著者野村憲司, 斎藤興毅(チームラボ), 片桐滋
出典電子情報通信学会 信号技報
粒子フィルタと最小分類誤り学習を用いた映像オブジェクト追跡法の検討
会議名電子情報通信学会 信学技報
日時場所2012/2/20,北海道大学
著者中村淳一, 片桐滋, 大崎美穂
出典電子情報通信学会 信学技報
遠隔コラボレーション支援システム「t-Room」における複数カメラ映像を用いた利用者追跡
会議名電子情報通信学会 信学技法
日時場所2012/2/20,北海道大学
著者竹内香奈, 片桐滋, 大崎美穂
出典電子情報通信学会 信学技法
遠隔協働支援システム「t-Room」における映像オブジェクト抽出法の改良
会議名電子情報通信学会 信学技報
日時場所2012/2/20,北海道大学
著者中村譲, 片桐滋, 大崎美穂
出典電子情報通信学会 信学技報
C型慢性肝炎の肝線維化ステージ分類手法の比較
会議名第32回東海ファジィ研究会
日時場所2012/2/12,日間鹿島
著者松田健司,大崎美穂,片桐滋
出典第32回東海ファジィ研究会
C型慢性肝炎の肝線維化ステージ予測に役立つ特徴量の提案
会議名第32回東海ファジィ研究会
日時場所2012/2/12,日間鹿島
著者谷口恵梨,大崎美穂,片桐滋
出典第32回東海ファジィ研究会(PRMU)
位置情報に基づくインタラクティブ映像探索手法の提案
会議名映像情報メディア学会 映情学技法
日時場所2012/3/6,東京農工大学
著者坂本雄司, 白井良成(NTT西日本), 高田敏弘(NTT), 片桐滋, 大崎美穂
出典映像情報メディア学会 映情学技法
t-Room におけるSIPを用いた動的なVPN接続環境の構築
会議名電子情報通信学会総合大会
日時場所2012/2/12,日間鹿島
著者米村裕弘, 片桐滋, 大崎美穂
出典電子情報通信学会総合大会
スマートフォンを利用した遠隔コラボレーション支援システム「t-Room」の拡張
会議名電子情報通信学会総合大会
日時場所2012/2/12,日間鹿島
著者森園祥尋, 片桐滋, 大崎美穂
出典電子情報通信学会総合大会
C型慢性肝炎の肝線維化ステージ予測に役立つ特徴量の提案
会議名第39回知能システムシンポジウム
日時場所2012/2/12,日間鹿島
著者谷口恵梨,大崎美穂,片桐滋,横井英人,高林克日己
出典第39回知能システムシンポジウム
逐次増加型最小分類誤り学習によるパターン認識
会議名
日時場所
著者渡辺秀行(NICT),谷口真一,片桐滋,山田幸太,中村篤(NTT)
出典電子情報通信学会論文誌
幾何マージンに基づく誤分類尺度を用いた最小分類誤り学習法
会議名
日時場所
著者渡辺秀行(NICT),片桐滋,山田幸太,マクダーモットエリック(NTT)
出典電子情報通信学会論文誌
大幾何マージン最小分類誤り学習に対する損失関数平滑度の自動制御の適用
会議名パターン認識・メディア理解研究会PRMU
日時場所2011/3/11 産総研(つくば)
著者大橋司,渡辺秀行,徳野純一,片桐滋,大崎美穂
出典パターン認識・メディア理解研究会PRMU
平面ディスプレイと音響反射板を用いた音像生成システムの受聴実験評価
会議名日本音響学会研究発表会
日時場所2011/9/22,島根大学
著者小田尚行, Gabriel PABLO NAVA(NTT), 萩巣晋平, 柴田真尚, 片桐滋, 大崎美穂
出典日本音響学会研究発表会
Minimum Classification Error Training with Automatic Setting of Loss Smoothness
会議名IEEE MLSP2011
日時場所2011/9/18-21,Beijing,China
著者Hideyuki Watanabe (NICT), Jun'ichi Tokuno, Tsukasa Ohashi, Shigeru Katagiri, and Miho Ohsaki
出典IEEE MLSP2011
Minimum Classification Error Training with Geometric Margin Enhancement for Robust Pattern Recognition
会議名IEEE MLSP2011
日時場所2011/9/18-21,Beijing,China
著者Hideyuki Watanabe (NICT), Shigeru Katagiri, and Miho Ohsaki
出典IEEE MLSP2011
Automatic Loss Smoothness Determination for Large Geometric Margin Minimum Classification Error Training
会議名IEEE TENCON2011
日時場所2011/11/21-24, Inna Grand Bali Beach Hotel, Bali, INDONESIA
著者Tsukasa Ohashi, Jun'ichi Tokuno, Hideyuki Watanabe (NICT), Shigeru Katagiri, and Miho Ohsaki
出典IEEE TENCON2011
Minimum Classification Error Training with Automatic Control of Loss Smoothness
会議名IEEE TENCON2011
日時場所2011/11/21-24, Inna Grand Bali Beach Hotel, Bali, INDONESIA
著者Jun'ichi Tokuno, Tsukasa Ohashi, Hideyuki Watanabe (NICT), Shigeru Katagiri, and Miho Ohsaki
出典IEEE TENCON2011
Increasing Virtual Samples through Loss Smoothness Determination in Large Geometric Margin Minimum Classification Error Training
会議名IEEE ICASSP2012
日時場所2012/3/25-30, the Kyoto International Conference Center
著者Tsukasa Ohashi, Hideyuki Watanabe (NICT), Jun'ichi Tokuno, Shigeru Katagiri, Miho Ohsaki, Shigeki Matsuda(NICT), and Hideki Kashioka(NICT)
出典IEEE ICASSP2012
ローカル・ラグ制御機能とログ同期機能を持つ音響サーバの開発
会議名第76回AVM研究会, 情報処理学会研究報告
日時場所2012/2/23, 早稲田大学西早稲田キャンパス
著者竹森幸輝, 前田佳奈, 岩原正典, 片桐滋, 大崎美穂
出典情報処理学会研究報告

修士論文

  • ローカル・ラグ制御を用いた遠隔合奏支援システムの評価実験
  • スマートフォンを利用した遠隔コラボレーション支援システム「t-Room」の拡張
  • 粒子フィルタと最小分類誤り学習を用いたオブジェクト追跡法の改良
  • 遠隔コラボレーション支援システム「t-Room」における映像オブジェクトの抽出
  • 単眼カメラを搭載したラジコンヘリコプターを用いた全周パノラマ画像の生成
  • 発掘メタファを用いた大画面録画映像探索手法の提案
  • ローカル・ラグ制御を用いた遠隔合奏支援システムの開発
  • 遠隔コラボレーション支援システム「t-Room」における複数カメラ映像を用いた利用者追跡
  • C型慢性肝炎の肝線維化ステージ予測に適する特徴量の検討
  • 損失関数平滑度の自動決定法を伴う最小分類誤り学習法
  • t-RoomにおけるSIPを用いた動的なVPN接続環境の構築

卒業論文

  • 主成分分析を用いたC型慢性肝炎の検査値の可視化
  • 粒子フィルタとMCE学習を用いたオブジェクト追跡のための最適なテンプレート作成手法の検討
  • 異なる機器レイアウトを持つt-Room接続のためのGUIの開発
  • 遠隔コラボレーション支援システム「t-Room」におけるメディア間同期について:音声遅延量について
  • 遠隔コミュニケーション支援システムの評価手法の検討:映像の歪み補正とデータの分析手法
  • カーネルロジスティック回帰を用いたC型慢性肝炎の肝線維化ステージ分類
  • 同期演奏機能を持つ楽曲データ転送インターフェースの提案
  • 会議映像への話者情報付与を目的とした顔認識手法の検討
  • 時系列決定木を用いたC型慢性肝炎の肝線維化ステージ予測の再検討
  • Android携帯端末を用いたt-Roomのための画像操作ツールの開発
  • 実数値遺伝的アルゴリズムを適用した最小分類誤り学習法
  • 遠隔コラボレーション支援システム「t-Room」におけるメディア間同期について:映像遅延量について
  • 音響反射板を用いる大型ディスプレイ用音像制御法のための制御ソフトウェア構築
  • 遠隔コラボレーション支援システム「t-Room」のための赤外線センサを用いたハンズフリー操作
  • 非線形カーネルを用いた最小分類誤り学習法の実験的評価
  • 最小分類誤り学習法と関連ベクトルマシンの比較
  • ASTの検査値時系列と隠れマルコフモデルを用いたC型慢性肝炎の肝線維化ステージ予測

2010年度

対外発表

多チャンネル音響インタフェースを用いた平面ディスプレイ上の音像生成システムの構築
会議名日本音響学会第13回関西支部若手研究者交流研究発表会
日時場所2010/12/5,同志社大学 室町キャンパス寒梅館
著者萩巣 晋平,柴田 真尚,小田 尚行,Gabriel Pablo Nava,片桐 滋,大崎 美穂
出典日本音響学会第13回関西支部若手研究者交流研究発表会
発表番号 C-15
t-Room環境に適したVPN接続手法の選定とQoSによる動的通信帯域制御手法の提案
会議名情報処理学会・第77回グループウェアとネットワークサービス研究会
日時場所2010/11/25・26, 法政大学 小金井キャンパス
著者古屋 徳彦,田中 睦也,片桐 滋,大崎 美穂
出典情報処理学会(IPS)
LinuxルータとSIPサーバを用いたt-Room間接続環境の構築
会議名平成22年度 情報処理学会関西支部 支部大会
日時場所2010/9/22,大阪大学中之島センター 3,4,5,7階
著者古屋 徳彦,米村 裕弘,片桐 滋,大崎 美穂
出典情報処理学会関西支部
遠隔コミュニケーション環境の評価を目指した話者遷移のモデル化
会議名平成22年度 情報処理学会関西支部 支部大会
日時場所2010/9/22,大阪大学中之島センター 3,4,5,7階
著者小刀禰 理英,鳥井 正人,大崎 美穂,片桐 滋
出典情報処理学会関西支部
発表番号 G-06
遠隔協働支援システムt-Roomにおける映像エコーキャンセリング法の実装と実験的評価
会議名平成22年度 情報処理学会関西支部 支部大会
日時場所2010/9/22,大阪大学中之島センター 3,4,5,7階
著者中村 譲,小寺 晋平,片桐 滋,大崎 美穂
出典情報処理学会関西支部
損失関数平滑度の自動制御を伴う最小分類誤り学習法
会議名パターン認識・メディア理解研究会(PRMU)
日時場所2010/9/6,福岡大学
著者徳野 純一,渡辺 秀行,片桐 滋,大崎 美穂
出典パターン認識・メディア理解研究会(PRMU)
Evaluation of Remote Communication Environments Based on Psychological Experiments
会議名韓国全南大学インターセミナー
日時場所2010/8/23~25,全南大学
著者Rie KOTONE,Miho OHSAKI,Shigeru KATAGIRI,Masato TORII
出典韓国全南大学インターセミナー
t-Roomにおける音場制御システムの開発
会議名第31回関西合同音声ゼミ
日時場所2010/7/31,同志社大学 京田辺キャンパス
著者萩巣 晋平,柴田 真尚
出典第31回関西合同音声ゼミ
発表番号:C-6

修士論文

  • t-Room通信のためのVPN接続手法と動的通信帯域制御手法の提案
  • 大型ディスプレイ面に音像を生成する多チャンネル音像生成システムの構築
  • 遠隔コミュニケーション環境の客観的評価尺度の検討
  • 多変量自己回帰モデルに基づく肝炎検査履歴の変量選択と予後分類
  • マルチメディア遠隔コラボレーション支援システムのための音場制御システムの構築
  • t-RoomにおけるモバイルPCの動作環境を考慮した通信量動的制御の開発と評価

卒業論文

  • 遠隔コラボレーション支援システム「t-Room」によるセンターテーブルの映像補正
  • 遠隔コラボレーション支援システム「t-Room」の窓型版の開発
  • t-Roomにおけるローカル・ラグを用いた遠隔合奏に対する聴覚マスキングの影響の分析
  • Multi-Class Support Vector Machineを初期化に利用した最小分類誤り学習
  • t-Room3.0のネットワーク性能測定と遅延が通信品質に与える影響の分析
  • 大型ディスプレイと音響反射板を用いた音像制御方式の音場解析
  • モバイル型t-Room通信の基礎的データの測定
  • 最小分類誤り学習法における仮想標本の分析に関する研究
  • Android搭載端末を用いたt-Roomのための協働作業支援ツールの開発
  • 遠隔コラボレーション支援システム「t-Room」における映像録画用GUIの開発
  • 遠隔コミュニケーション環境の評価用タスクの再現性検証
  • 遠隔コラボレーション支援システム「t-Room」の接続設定GUIの開発

2009年度

対外発表

タスク依存性に着目した遠隔コミュニケーション環境の比較評価
会議名インタラクション2010
日時場所2010/3/1~2,学術総合センター/一橋記念講堂
著者小刀禰 理英,松本 拓也,杉野 公美,丸山 剛史,大崎 美穂,片桐 滋
出典インタラクション2010
発表番号 SA13
映像フィードバックに伴うエコーのキャンセリング法に関する実験的評価
会議名パターン認識・メディア理解研究会(PRMU)
日時場所2009/11/27,石川県地場産業振興センター
著者小寺晋平,片桐滋,原田康徳,平田圭二,大崎美穂
出典パターン認識・メディア理解研究会(PRMU)
粒子フィルターと最小分類誤り学習を用いる指映像認識
会議名パターン認識・メディア理解研究会(PRMU)
日時場所2009/11/27,石川県地場産業振興センター
著者清田康介,片桐滋,渡辺秀行,大崎美穂
出典パターン認識・メディア理解研究会(PRMU)
未来の電話「t-Room」のための開発支援システムの提案
会議名第30回システム評価研究会
日時場所2009/11/16,大阪大学大学院情報科学研究科A棟
著者清水康史,片桐滋,梶克彦,原田康徳,平田圭二,大崎美穂
出典第30回システム評価研究室
t-Roomのための遠隔合奏支援システムの構築
会議名情報処理学会 第141回マルチメディア通信と分散処理・第73回グループウェアとネットワークサービス・第46回電子化知的財産・社会基盤合同研究発表会
日時場所2009/11/26~27,呉市海事歴史科学館(大和ミュージアム) 会議・研修室
著者入江洋介,青柳滋己,高田敏弘,平田圭二,梶克彦,片桐滋,大崎美穂
出典情報処理学会)(IPS)
アンサンブル型最小分類誤り学習法の実装と実験的評価
会議名パターン認識・メディア理解研究会(PRMU)(SP)
日時場所2009/9/1,東北大学 工学部(宮城県仙台市)
著者谷口真一,渡辺秀行,片桐 滋,山田幸太,中村 篤
出典パターン認識・メディア理解研究会(PRMU)(SP)
最小分類誤り学習における幾何マージンの制御法について
会議名電子情報通信学会 音声研究会(SP)
日時場所2009/7/17,福島県飯坂温泉 飯坂ホテル聚楽
著者山田幸太,片桐滋,マクダーモット・エリック,渡辺秀行,中村篤,渡部晋治,大崎美穂
出典電子情報通信学会 音声研究会(SP)
発表番号 SP2009-43
備考国内会議,査読なし

修士論文

  • 粒子フィルタと最小分類誤り学習を用いる指映像認識
  • 未来の電話「t-Room」のための開発支援システムの提案
  • アンサンブル型最小分類誤り学習法の実装と実験的評価
  • 映像フィードバックに伴うエコーのキャンセリング法に関する実験的評価
  • ローカル・ラグを用いた遠隔合奏支援技術
  • 部分時系列クラスタリング問題の分析と解決
  • 遠隔コラボレーション支援システムにおける音像定位制御手法の検討
  • 幾何マージンの最大化を目指した最少分類誤り学習とその実装法
  • 遠隔協働支援システムt-Roomがコミュニケーションに及ぼす影響の分析

卒業論文

  • 会話遷移に基づく遠隔コミュニケーション環境の同室感分析
  • ケーススタディに基づく遠隔コミュニケーション環境の評価実験設計
  • 遠隔コミュニケーション支援システムにおける視線一致を目的とした正面顔画像の生成
  • GPUを用いた映像的エコーキャンセリング法の高速化
  • 背景差分とステレオマッチングを用いた対象抽出の検討
  • t-Roomにおけるコマンド受信サーバ一括管理機能の開発
  • SIPを用いたt-Room間のVPN接続手法の提案
  • t-Room3.0におけるプロキシサーバの有効性の検討
  • GPUによる二次元画像物体追跡の高速化
  • t-Roomにおける過去映像再生用のGUI操作ツールの開発
  • 遠隔コラボレーション支援システム「t-Room」のためのAndroid携帯電話を用いる操作ツールの開発
  • 遠隔コラボレーション支援システム「t-Room」の通信におけるユーザ支援ツールの開発
  • Clarkの音像定位予測モデルを利用する音像定位制御手法の評価
  • 6スピーカ再生方式における音圧レベル正規化の影響分析
  • 逆位相信号を用いた音像定位技術の提案
  • 多クラスサポートベクターマシンの実装と実験
  • 最小分類誤り学習における損失関数平滑度の自動制御
  • 自己回帰モデルに基づく肝炎予後の推定:前処理体系化と特徴量選択
  • 自己回帰モデルに基づく肝炎予後の推定:スペクトル分析と距離尺度選択

2008年度

対外発表

収音方法がスピーカ受聴における音像定位に与える影響の分析
会議名日本音響学会2009年春季研究発表会
日時場所2009/3/17,東京工業大学大岡山キャンパス
著者野口 浩嗣,萩巣 晋平,片桐 滋,大崎 美穂
出典日本音響学会2009年春季研究発表会
発表番号 1-9-16 (2009).
備考国内会議,査読なし
遠隔協働における参加者位置関係情報の影響の分析
会議名インタラクション2009
日時場所2009/3/6,学術総合センター/一橋記念講堂
著者松本 拓也,福本 尚記,奥村 あゆみ,中堀 友加里,片桐 滋,大崎 美穂
出典インタラクション2009
発表番号 D07
未来の電話「t-Room」の機能強化に向けて
会議名インタラクション2009
日時場所2009/3/5,一橋記念講堂
著者清水 康史,清田 康介,片桐 滋,青井 真希,大崎 美穂,平田 圭二,原田 康徳,高田 敏弘,青柳 滋己,梶 克彦
出典インタラクション2009
発表番号 C07
「再利用性向上を目指した識別学習ライブラリの設計」
会議名第28回関西合同音声ゼミ
日時場所2008/12/13,奈良先端科学技術大学院大学(NAIST) 情報科学研究科 1階
著者塩津広至,山田幸太,宮家輝大,片桐滋,大崎美穂 (同志社大・片桐研)
出典第28回関西合同音声ゼミ
発表番号:3-7 (2008).
備考国内会議,査読なし
Clinical Time-Series Data Interpolation based on Regression Diagnosis
会議名SCIS & ISIS 2008
日時場所2008/9/21,Nagoya University
著者Masakazu Nakase, Miho Ohsaki, Shigeru Katagiri, Yukari Hatada
出典SCIS & ISIS 08
発表番号 SU-G1-3 (2008).
備考国際会議,査読なし
回帰診断に基づく医療データの補間の検討
会議名FIT2008 第7回情報科学技術フォーラム
日時場所2008/9/3,慶應義塾大学
著者中瀬 正和,大崎 美穂,片桐 滋,畑田 由香利
出典FIT2008 第7回情報科学技術フォーラム
発表番号 F-048 (2008).
備考国内会議,査読なし
Elaborative Analysis of the Stereo Sound Reproduction Method Using Six Speakers
会議名AES Japan Conference in Osaka, 2008
日時場所2008/7/25-26,New ABC Hall, Asahi Broadcasting Corporation
著者Koji Noguchi, Aiko Kunikami, Maiko Sugawara, Aki Tsutui, Shigeru Katagiri, Miho Ohsaki, Masato Miyoshi
出典AES Japan Conference in Osaka, 2008
発表番号 3 (2008).
備考国際会議,アブストラクト査読,ポスター発表
6スピーカ型ステレオ音再生方式に関する包括的性能分析
会議名第27回関西合同音声ゼミ
日時場所2008/7/12,龍谷大学
著者野口 浩嗣,國上 愛子,菅原 麻衣子,筒井 亜希,片桐 滋,大崎 美穂,三好 正人
出典第27回関西合同音声ゼミ
発表番号 3-A-2 (2008).
備考国内会議,査読なし
移動平均法に基づく部分時系列クラスタリング問題の検討
会議名第27回関西合同音声ゼミ
日時場所2008/7/12,龍谷大学
著者中瀬 正和,大崎 美穂,片桐 滋
出典第27回関西合同音声ゼミ
発表番号 3-A-1 (2008).
備考国内会議,査読なし
Re-evaluation of the Stereo Reproduction Method Using Six Speakers for Media Space Development
会議名ICALIP2008
日時場所2008/7/7,Hua-Ting Hotel
著者Koji Noguchi, Aiko Kunikami, Maiko Sugawara, Aki Tsutui, Shigeru Katagiri, Miho Ohsaki, Masato Miyoshi
出典ICALIP2008
発表番号 M-L6.1 (2008).
備考国際会議,フルペーパ査読

卒業論文

  • 再利用性向上を目指した識別学習ライブラリの実装・ニューラルネットワークの構造と計算法の柔軟な選択機構の実装法
  • 最小分類誤り学習とサポートベクターマシンの比較
  • ブースティングと最小分類誤り学習法を組み合わせた新学習アルゴリズム -Incremental MCE の提案-
  • t-Roomにおけるマルチ・サーバ間のデータ共有メカニズムの向上
  • t-Roomの通信及び過去再生のためのGUI操作ツールの開発
  • t-Roomにおける音響的指クリック・インタフェースの開発
  • t-Roomのネットワーキング性能が及ぼす通信品質への影響の分析
  • t-Roomにおけるマルチ・サーバ一括管理機能の開発
  • t-Roomにおけるマルチ・サーバの時刻調整機能の改良
  • 遠隔協働支援システムにおけるコラボレーション円滑度に着目した同室感の分析
  • t-Roomにおける参加者位置とタスク選定の違いが協働結果に及ぼす影響の分析
  • 遠隔協働環境「t-Room」における参加者位置関係が対話の質に及ぼす影響の分析
  • ステレオ受聴における時間差と音圧差の音像定位に対する影響の実験的分析
  • 音源の周波数特性が音像定位に与える影響の実験的分析
  • スピーカ受聴における音像定位に及ぼす収音方法の影響の分析
  • 不等間隔検査データの線形予測分析を用いた患者のグループ化

2007年度

対外発表

パターン認識のための識別学習ライブラリ開発の基礎検討
会議名第26回関西合同音声ゼミ
日時場所2007/12/15,京都大学
著者山田 幸太,滝 康伸,片桐 滋,大崎 美穂
出典第26回関西合同音声ゼミ
発表番号 2-10 (2007).
備考国内会議,査読なし
遠隔共創空間のための発話者位置同定法に関する基礎検討
会議名第10回日本音響学会関西支部若手研究者交流研究発表会
日時場所2007/11/29,甲南大学
著者野口 浩嗣,筒井 亜希,國上 愛子,菅原 麻衣子,片桐 滋,大崎 美穂
出典第10回日本音響学会関西支部若手研究者交流研究発表会講演論文集
発表番号 電気音響-7 (2007).
「未来の電話「t-Room」に遊びにおいで!」
会議名第7回ケータイ国際フォーラム
日時場所2007/3/12・3/13,けいはんなプラザ
著者共創研メンバー
出典http://www.itbazaar-kyoto.com/forum/exhibition.html

卒業論文

  • システムダイナミクスを用いた国内CO2排出シミュレーション -パラメータ最適化に向けて-
  • 遠隔コラボレーションシステム「t-Room」における遠隔協働環境の構築とユーザビリティの改善
  • t-Roomにおけるユーザ支援ツールの開発
  • t-Roomにおける映像再生機能の改良
  • t-Roomにおける協調作業支援のためのセンターテーブル開発
  • t-Roomにおける映像フォーマットの拡張と変換
  • 発話者位置特定の為の顔抽出手法に関する基礎検討 −評価実験系の構築−
  • t-RoomにおけるVPN環境の構築とVPNルータの性能比較
  • t-Roomの効率的な通信制御のための基礎的実験
  • 遠隔協働環境におけるコミュニケーション促進要因の分析
  • 遠隔協働システムにおける同室感の実験的評価について
  • 遠隔協働システムの試作とその有効性に関する実験的検討
  • 遠隔協働環境におけるメディア空間の影響の分析
  • 遅延制御を利用するマルチスピーカステレオ再生方式の動作原理の検証
  • マルチスピーカステレオ再生方式における遅延と音圧の影響分析
  • 適切な受聴領域を拡げるステレオ音響再生方式における音源の影響
  • 遠隔共創空間のためのステレオ音響再生方式に関する比較検討
  • パターン認識のための識別ライブラリ開発 基礎検討としてのプロトタイプ型システムの実装と評価
  • パターン認識のための識別ライブラリ開発 基礎検討としてのニューラルネットワーク型システムの実装と評価
  • 医療データからの知識発見 基本的統計量による検査値の分析
  • 医療データからの知識発見 検査履歴への自己回帰分析の適用
  • 回帰診断に基づくアノマリィ検出の検討
  • 数値時系列クラスタリング問題の実験的検証
  • 知識発見支援ユーザインタフェースの開発 可視化機能の詳細設計と実装
  • 知識発見支援ユーザインタフェースの開発 主機能の概要設計とファイル入力部の実装